RENEWAL

ホームページをリニューアルしました!
少しずついろいろアップしていきます。
Sound Track

27/9/2015

 
sunday kind of love

27/9/2015

 folkさんでの展示会がはじまりました






ノベルティーのタブロイドもつくりました
お楽しみに!





27/9/2015


展示会@folk


姫路のお店folkさんで、展示会がはじまります
秋冬物の新作ショール、バッグなどが並びます

暑い日でも、一枚バッグに入れておくと便利なショール
急に肌寒くなった時に、
そして昼間とはちょっと違った装いに変身したい時
ふわりと巻いてドレスアップに活用してください

気持ちのよい気温の続く秋の日に
見に来ていただけるとうれしいです


9月26日(土)〜10月4日(日)  火曜日定休日
11:00-19:00
671-0012 姫路市本町133
TEL 079-284-6710


RENEWAL

数日間、リニューアルのため
ホームページが見れなくなっている期間があると思いますが
次は新しい形式でお会いできるのを楽しみにしています!
 

24/9/2015

ある時、パリの夜、友達といて
道に落ちているゴミまで美しく崇高に見える瞬間があった

それを見る人の心の状態が、それをそのように存在させる
意識とは、不思議

写真は人の目を通してものを見る行為
実は素通りしてしまったかもしれないものを
他人の視点によってよみがえらせ再体験させる
すべてのアートとは、きっとそういうことなのかも

そこにはやっぱり、ある種の交歓があるのだ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

すべりこみで最終日に行ったwolfgang tillmansの展覧会

写真の持つ様々な可能性が、机上に、壁に
大いなる空白と静寂のリズムをつくりながら配置され
そのレイアウトの仕方見せ方が意表をつく
問いと答えの間にある無限の逡巡が、
時には全く関係も無さそうな素材と並べられることによって
遠近感と奥行きの感覚を掘りおこす
!がどんどん?にずれ込んでいって
そのまま問いが宙吊りにされ、はかなく微妙なものになっていく

かと思えばポートレートの、人々の無垢な笑顔
捨てきった表情や輪郭、うなじや腕や足、産毛まで
その仕草のひとつひとつに心が開く

新聞がコピーされて巨大に拡大され
すべてが点の集合体に分解され、その濃淡、大小によって
何かが意味をなしていくのだとわかるほど
私たちは作家の視点のすぐそばに立たされる

この展覧会では、いろいろな試みや写真や手法があるけど
やっぱり好きな写真は、群像であったりポートレートであったりするのだ
一瞬を紙に焼きつける芸術
ありふれたひとときを異形に見せるマジック

じぶんでは想像もしなかった視点を、
違う人の目を通して見るのは楽しい

 

24/9/2015

 

24/9/2015

 
おりたたまれた手紙を開いたような

24/9/2015

 

| 1/57PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode